トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

コレジャケBOX

「DESTINY」-DVD13巻の初回特典、全コレジャケが収容できるBOX

実は本当のDVDは揃えていなかったりする。
けれど、SEED13巻の特典映像「星のはざまに」同様、DESTINY13巻でも「FINAL PLUS」はレンタルDVDには収録されない特典映像となってしまった。
だから、購入。私のなかで「FINAL PLUS」はとても重要な位置づけになっているから。
何度も言っているけれど、これなくして「DESTINY」は語れない。

今回はその内容について語りたいわけではなく、BOXの絵について。
「DESTINY」に不可欠な3人の男たち。戦い終わった男たちの構図。
背表紙のシンを真ん中にして、右がキラ、左がアスラン。
DVD13-box   
各々の機体の前に立つ男たち(シンの後ろにはないけど本当は在るんですw)
シンは下から睨みつけるような目線、キラは何かを思って空を見つけるような目線、アスランは逸らすことなく真っ直ぐな目線、なんだなー。
なんかね、それぞれがそれぞれの見ている世界って気がして仕方がない。

もちろんシンは、もうこんな目をしてはいないけれど、その目にはいつだって強い意志を感じさせることは間違いないと思う。
彼は何もわかっていなかったけれど、想う気持ちは良くも悪くも一途で揺ぎない。その目に宿る、強い火はずっとそのままなんじゃないかな?

そして・・・アスランとキラ。
この2人も笑ってはいない、けれど悲壮感もない。また、何かを夢見る目でもない。

キラは、今は終わらせることができた戦いを思い、それでもいずれまた戦わなければならない時がくるだろうということを思いながら、そんな日が一日でも遅く・・・と遠い目を空に向けているような気がする。

アスランは、戦いを止められなかった為に出してしまった犠牲、戦場の有様を刻み込んでいるような、今出来ることすべき事を思っている、そんな目。既に彼の中では次の闘いが始まっているのかもしれない。真っ直ぐな視線は現実を見つめる目なんじゃないかな?

私にはそういう画に見えた。(アスランフィルター全開!)
実際はわかりません!だって、ディステニーはともかく、フリーダムやジャスティスがこんな姿になるなんてこと、ありえないもん(笑) SEEDの世界で現実にあったシーンではないのだと思う。
けどね、けど、三者三様の姿がそんな風に見えたんだよね。

たかだか画一枚での妄想ですっ。
ここでだから語れる妄想ワールド。それだけアスラン不足なのかな?

追記:アスランの全身像、実際の第一印象は「うわぁ~痩せちゃったなー」だったりして(笑)

2006年2月23日 (木)

アスランってこんなひと

本編とその他媒体から想像する”アスラン・ザラ”

※全ての媒体を網羅しているわけではないから、オフィシャルで公開されているものと食い違うことがあるかもしれないけれど、これが”たいむの想う「アスラン・ザラ」像”

1  正義感溢れる人
2  自分に厳しく、甘えのないひと
3  皆をよき方向へと導きたいひと
4  上昇思考の持ち主だが、出世欲がないひと
5  誰かのため、世界のために力を尽くすひと
6  何かのために自分の持つ力を有効に使いたいと考えるひと
7  自分のできること、力の出し惜しみをしないひと
8  信念のためなら命を捨てる覚悟があるひと
9  大事なひとのために命を投げ出すことを厭わないひと
10 無駄死・犬死は考えないひと
11 思いこんだら一筋のひと
12 情熱家
13 ひとの意見に左右されないひと
14 間違いを認めることができるひと
15 自己顕示欲の強くないひと
16 ひとのとコミュニケーションにやや消極的な面があるひと
17 自分を表現することが下手なひと
18 自分から人の輪に入ろうとはしないひと
19 聞かれたことに関しては、誠心誠意考えて、答えてくれるひと。
20 決断力はあるが、常に自問自答を続けるひと
21 女心にかなり疎く、言葉を額面通りに受け取る朴念仁なひと
22 己の感情に囚われて、周囲の規律を乱すようなことはしないひと
23 スタンドプレーに走らないひと
24 手をさしのべてくれるひと
25 見て見ぬふりができないひと
26 冗談が通じないひと
27 馬鹿正直
28 色恋沙汰に鈍感なひと
29 朴念仁ではあるけれど、ものわかりは悪くないひと
30 勘違いされやすいひと
31 あきらめが悪いひと
32 執着心はあるが、自分自身には執着がないひと
33 闘い続けるひと
34 父の呪縛を一生背負うひと
35 自己犠牲のひと
36 
37 
38 
39 
40

・カガリを、愛する女性として唯一無二の存在と思っているひと
・キラを、誰よりも信頼し、心を許せる友として、一緒に育った兄弟のような存在として親愛するひと
・ラクスを、かつての婚約者として大切に思いつつ、彼女の持つカリスマ性・政治家的能力には一目置きながら、闘う仲間として友愛するひと

眉目秀麗、冷静沈着。頭が切れ、どんなことにも適応能力が高い。状況・戦況判断力、作戦立案実行能力、指導力などは申し分ない。他人の意見に左右されることなく、自分自身で決断し行動することが出来る人物。
身体的運動能力はもちろん、パイロットとしての素質はコーディネイターの中でも群を抜いている。
性格的に他人にはなかなか胸の内を明かさないために理解されがたく、その行動が矛盾していると取られてしまうことがままあり、発言の説得力を欠く結果を招いてしまうこともしばしば。また、本人の迷いが行動に顕著に表われるので、一目瞭然なところあり。
他者のことを優先させてしまうがために、自分自身は二の次三の次になってしまうことが多い。しかしそれは意識的なものでもあり、その結果に本人はまったく苦を感じていない。
より良き世界のためならば自分を犠牲にすることを厭わず、また、自身が正しいと信じた道ならば、親しき者と決別してでも己の信ずる道を進むくらいの覚悟は常に持っている。
しかしながら、他人の意見を聞き入れる器量の持ち主でもあるため、自問自答を繰り返し、それ故に苦悩するその姿が優柔不断と他人には映ってしまうところがある。
そして、己の間違いを認めることができ、プライドや体裁の為に無理やり正当化したり、ひとつの結論に固執したりしない。目先のことに囚われず、多角的に物事を捉え、広く長いスパンで考えることを第一としている。

総合評価:超優秀
本来ならば、非の打ち所がないのだけど、長所がそのまま短所になりえる難有り。良かれと思ったことが裏目に出る傾向強し。
まったくもってすべてのしわ寄せを一身に受けてしまう不憫なキャラクターなのがアスラン・ザラ。
志がとても高く、達成の為に努力を惜しまないが、自分の思うように進まない、心が伝わらない苛立ち、もどかしさ。もがいてももがいても欲しいものが手に入らない苦しみ。欲しいのに欲しいといえず耐え忍ぶ辛さと闘っている。
強い人だから、表には出さないけれど、心の中はいつも熱いのがアスラン・ザラ。

彼が心から愛する人と、心から笑って過ごせる幸せな未来を、私も心から夢見ている。
いつかきっと、そんな未来が必ずやってくると・・・


※同じようなことの繰り返しになるかもしれないけれど、想うことが増える可能性あり(空欄はその為) ナンバリングに特別意味はなし。
今後これらをキーワードにアスランを語っていこうかな?と思ってます。

2006年2月21日 (火)

あすらん100%

「SEED DESTINY」の放映が終わってはや5ヶ月になろうとしている。
最後のDVD13巻も24日に発売される・・・
”ロマンアルバム~デスティニー編”が発売されて、ちょっともの思い再び
・・・(なにぶん終盤はアスカガのことばかりで大変だったからw)

表「たいむのひとりごと」での”ガンダムSEED~もの思いワールド”は全体としてのレビュー及び、感想を書くことに徹していたために、あまりアスランを語れていなかったりする。
また映画関係、書籍関係、他のアニメ記事との混在で、「あすらんらぶ」は抑え気味(笑)
だから、これを機会に(こっそりと)もう一度はじめてみようかな?なんて思ってここを立ち上げることにした。

まずは”私の思うアスラン像” ここからはじめようと思う。
「表」とは違ってボチボチ行こうと思うけど・・どうかな?(超不定期の予定)

初回は決意表明のみ!

トップページ | 2006年3月 »