« 今、望む世界への旅立ち(2) | トップページ | 「ルージュの通信」 »

2006年5月30日 (火)

カガリ

そういえば、「カガリ」ってタイトルなかったよなぁー。あ、でも、「カガリ再び」があったか。
「ラクス」もなかったけど、「敵軍の歌姫」と「ラクス出撃」はあったよな。
”ない”というなら「シン」か。あっても良さそうだったんだけど、「PAST」がそれにあたるってことかな?(後に「ステラ」や「ミーア」や「レイ」があるのになぁ)

それは、どーでもいいのだけど、どうも最近カガリに対する”アイ”が足りない私のような気がして(^^;;) もちろんカガリは大好きだし、アスカガの幸せな未来を切望してはいるのだけど。

スペエディ(1)のDVDを(やっと)みた。
そのなかでふと目に留まったのが、ヨーランの(結果的)失言を耳にし、アスランの静止も聞かず烈火のごとく怒りをぶつけるカガリに対して、見かねたアスランの「いい加減にしろっ、カガリ!」という一喝に、シンやレイ以外のみんなが驚くという場面。
スペエディでは、まだアスランの正体が誰にも割れていない段階であり、そりゃあ国家元首ともあろうお方が、たかだかいち護衛に一喝された挙句に、悔しそうに口を噤まざる得ない状態になるなんてありえないわけで、なんだか本来の力関係(私的には対等)を見れた気がしてちょっとだけ嬉しくなった。(どっか視点が違っちゃってる??w)
失言に対して喰って掛かるカガリは、カガリらしいといえばカガリらしいし、まったくカガリらしくないといえばカガリらしくない。言い過ぎてしまったのは、プラントの意向を含む議長の態度や、連合によるMS強奪、ユニウス7の落下などで、より多くのストレスと抱えていた状態であり、抑えきれなくなってのことだろうとは思うけれど。(コレは本編も同じだけど)

秘密会談時のカガリは、声が凛々しくなった。精一杯に議長と”対等”であろうとしている様子が良く伝わるようになった。それでも議長からみれば、”虚勢”でしかないんだろうなぁーと思うとちょっと痛々しくもある。その後オーブに戻っても、やっぱり自国の首長たちからも足蹴にされているというか、相手にされていないというか。。。”傀儡”という言葉がぴったりなんだよね。

ふと「DESTINY」を初めてみた時の事を思い出した。
カガリの印象は、非常にイマイチだった。初めてみたのが”このカガリ”だったら、やっぱり誰しもがそう思うのだろうなぁーと今でも思う。(今回のスペエディでは尚更に?)
私の場合は過去に遡ったところで、カガリの評価をぐんぐん上方修正していき、最終的に「DESTINY」でのカガリの決断にも納得していないわけではない。だけどどこか「でもなぁー」・・・というのが最近の私。何が「でもなぁー」なのか、私自身にも良くわからないのだけど、それでも「でもなぁー」なんだよね。
で、その「でもなぁー」を只今考え中。私自身が納得のいく結論が出るまでこの問題は保留。 ”考え方”の問題のような感じはしているのだけど、誤解かもしれないし、ただの勘違いかもしれない・・・
もしかして、女として張り合っているだけかもしれないし(爆)←コレは絶対ないwww

といいつつ、本当は単に”アイ”が足りないだけかも?
ということで、アスカガつながりのブログさんで紹介されていた”カガリスキー度占い”で自分を試してみた。
結果、(初回は) 「オーブ3人娘 並みのカガリスキー」
やはり、”アイ”はあれど少々控えめだということだろうか?
悔しいので再チャレンジを繰り返した。しかしなかなか”アスラン”にはならない。
けれど、ふと気がついてしまったのだよ。私の答えには”落とし穴”があったということを。それは・・・(ナイショ)。
ただ、言えることは、実は最初から”アスラン並み”となんら変わりなかったということだ。
...へへへっ良かった♪ちょっぴり安心した。

(決して否定的な意味ではないのだけど)とにかくカガリのことはもう少し考えたいと思っている。どーも釈然としなくって、カガリが書けない私だと気がついてしまったから。

« 今、望む世界への旅立ち(2) | トップページ | 「ルージュの通信」 »