« 「ザラ」の呪縛 | トップページ | 「カガリと、カガリ・ユラ・アスハと、アスランと」-序章- »

2006年6月19日 (月)

アスランからのラブレター?

車以外で音楽を聴くことがないので”DESTINY”が終わってからはSEED関係のエンドレスになりがち(沢山あるから一巡も大変w)。もともと(古いものはともかく)あまり音楽関係には詳しくないし(あまり興味もない)ネットでDLして購入・・とかもしたことがなかったりする(^^;)
なのだけど、ここでいろいろ書き連ねたり、作品を振り返ったりしていて、ふと去年のことを思い出した。それで久しぶりにCDを引っ張り出して聴いてみた。

もとオフコースの小田和正さん

結構好き。去年は小田さんの追っかけに近いファンである友達に付き合って仙台くんだりまで車を数時間転がしてコンサートを観に行ったくらい。(とても良かった!)
そのコンサートにあわせて発売されたのが、5年ぶりのアルバム「そうかな」(2005/6/15発売) 
そのうちのひとつに、まるで”アスランからカガリに宛てたラブレター”のような曲がある。・・・『たしかなこと』
初めて聴いたのはちょうど去年の今ごろ”アスラン脱走”の頃。だからアスランがオーブを出てザフトに復隊する時の気持ちを綴ったもののようにきこえていた。
久しぶりに聴いてみて、こんどはまったく同じように”FINALPLUS”のアスカガハグのときに思ったことではないかと思えるし、今もきっとそんな風に思っているのではないかという気がしている。いいんだ、これが。
そして、実はもう一曲。こちらは”アスラン心の中”・・・『そして今も』 こっちはこっちでまたいいのよ。

どちらの曲も、本当に”歌詞の一部”というのではなく、全てがまったくそのまんま。(無関係なのにすごい・・)
小田さんの澄んだ歌声が心に響くし、それだけでも素敵な曲たち。
「そうかな」の収録曲は全部が何かのタイアップ曲(まるでベスト版)。きっとどこかで聴いたことがあるのではないかと思う。だからということではないけれど、とにかく全部が良いし、気になった方はぜひ試聴してみてください。きっと損はしません。
↓↓↓(参考まで)
「odakazumasa.xls」をダウンロード  

そういえば、お馴染みさんのところで以前「マイ・アスカガソング」に関する記事を拝見しているし、またつい先日は久々に買ったCDのある曲がカガリのイメージ!という記事をべつのお馴染みさんで拝見。みんな同じなんだね。ついついそんな風に聴いちゃうんだわ(笑)
しかし...どこまでも、あすらんなのだなぁ、私って(^^;)

追記:”see-saw”の曲を聴いていて思ったのだけど、感じがユーミンに似てる気がするのは私だけかな?軽快だったり、エキゾチックだったり、しっとりしていたりする曲調もそうだし、歌い方なんかも。

« 「ザラ」の呪縛 | トップページ | 「カガリと、カガリ・ユラ・アスハと、アスランと」-序章- »