« 2007年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2009年1月22日 (木)

心境の変化、ではないけれど。

福田監督から「映画、ちゃんと作ってます」発言があり、ホッとしたところに「SEED」の再放送が始まり(何度目かではあるけれど)、DVDをすべて保有しているのも関わらず、毎週を楽しみにしている自分となった。
先の展開を熟知している今では、「あーあ、なんて余計なことを・・・(溜息)」とか「本当はそうじゃないでしょ?~(泣)」とか呟きつつ、まだ未熟な彼らを温かい目で見るだけなのだけど、「ここで終わりかよ!」と次が見たくなるEDの入りと音楽の使い方にはやっぱり見事だなーとしみじみ思ってしまう次第。そうしていると、やはり映画ではどんな世界が描かれるのだろうと考えてしまうし、何気に頭の中でアスランとキラの変化(成長)を分析し直してしまったりもする。
そんなこんなでツラツラと思ったことだが、文章に起こす事で過去に自分が思っていた事との差異や、これから変わるかも知れない考え方の参考にと、(久しぶりに)ここの残す事にした。
以下はあくまでも自分自身のための雑記で、思ったこと一旦全部吐き出して、組み立て直したり、再リセットするための準備のようなもの。よって、客観と主観が入り混じっているのは自分でも分かっているし、特にアスランに対しては希望・願望・仮説までが入り込み、焦点がぶれまくっている自覚もある。一記事としての起承転結は無いモノと思って欲しい。

続きを読む "心境の変化、ではないけれど。" »

« 2007年6月 | トップページ | 2012年9月 »